結婚写真の前撮り

挙式や披露宴に先駆け、結婚写真の撮影を行うことを前撮りといいます。結婚式当日は、ヘアメイクや衣装の準備にも数時間、式次第にゲストの対応まで含めると新郎新婦は実に慌ただしいものです。そのため、立ち姿をはじめとした記念写真の撮影にも限られた時間しか使うことができません。 そういった時間的な制約をなくし、ゆっくりと余裕を持って撮影するために前撮りというサービスが誕生しました。挙式や披露宴を行う同じ会場でも、当日はゲストなどが居て撮影ができない広々とした場所を使用することも前撮りであれば可能です。また、他の方の目を気にしなくていいというメリットもあります。結婚式当日は着用しない衣装での撮影も前撮りであれば可能です。近年では当日着用しない衣装が着れる、和装姿を写真だけでも残したい、というように、衣装の面で前撮りを決めるカップルも増えています。

結婚式・披露宴で着用する衣裳だけでは物足りず、前撮りで写真だけでも残すというカップルが多いことは先述しましたが、和装ブームがさらにその火付け役となっています。近年、日本の伝統的な挙式スタイルである神前式や和装に再度注目が集まっています。結婚式や披露宴では予算の都合上諦めた和装を写真だけでも残そうという方は多いものです。 こうしたことから、前撮りでは和装を取り上げ、格安で写真撮影が可能なサービスも登場しています。たとえば、平日限定や早期予約限定のプランとして和装での撮影を10000円程度で行うスタジオもあります。こうした写真スタジオ側のサービスも相まって、和装での前撮り人気は今後もしばらく続くとみられています。